大阪は北新地のシガーバー「スーペルノーバ」。最優秀賞受賞Barで熟成シガーとキューバのラム酒やカクテルで優雅なひとときを。

アードベッグ グルーヴス(ARDBEG GROOVES)

Post 3 of 248

スコットランドのアイラ島では、毎年5月から6月にモルトウイスキーと音楽のお祭りが行われ、その日には“アードベッグ・デー”として蒸留所が公に開放されます。

グルーヴスは、2018年の“アードベッグ・デー”に向けて数量限定で発売されました。

1960年代のアードベッグ蒸留所には郵便局やビリヤードホール、フットボールチームなど、グルーヴィーなコミュニティーがあったそうです。今年のテーマは“ラブ&ピース”ならぬ “ラブ&ピート(泥炭)”。

木の表面までしっかり跡がつくほど焦げ付かせたワイン樽で熟成。

アードベッグらしい力強いピート香と焚火のようなスモーキーな香り、ワイン樽由来のフルーティーな甘みが調和しています。グルーヴィーな高揚感のある時代をオマージュし、炎のような情熱をウイスキーにたっぷりと注ぎ込んだアードベッグらしい粋な世界観がボトルデザインに表れています。

毎年恒例となってきましたが、ボジョレ・ヌーヴォーと同じように今年の限定アードベッグをぜひお愉しみください。

 

Menu