大阪は北新地のシガーバー「スーペルノーバ」。最優秀賞受賞Barで熟成シガーとキューバのラム酒やカクテルで優雅なひとときを。

グレンタレット1987 29年 シグナトリー(GLENTURRET 1987 29years SIGNATORY FOR SHINANOYA)

Post 5 of 240

今や定着したノンチルフィルター・ノンカラーリングにこだわり、多くのモルトファンの信頼を獲得し、1990年代のシングルモルトブームを牽引してきた人気ボトラーであるシグナトリー社と東京の信濃屋さんとのコラボレーションで194本限定ボトリングされました。

スコットランド最古の蒸留所とも言われ、200年以上の歴史をもつ南ハイランドのグレンタレット蒸留所。蒸留所は小さく生産量が少ない上、原酒のほとんどはブレンデッドウイスキー「フェイマスグラウス」のキーモルトとして使用されています。

ウイスキー愛好家は、この蒸留所を聞くと、ウイスキーキャット「タウザー」を思い浮かべるのではないでしょうか。

以前、ウイスキー蒸留所では穀物につくネズミ駆除のため、ネコを飼っていることが多かったそうです。(近年では、蒸留所の設備も整いウイスキーキャットをネズミ対策に飼っている蒸留所も減っています。)

このタウザーがすごかったのは、その働きぶり。24年の生涯で捕まえたネズミの数はなんと28899匹。世界一ネズミを捕まえたネコとして、ギネスブックにも掲載されており、グレンタレット蒸留所を世界的に有名にした功績は今なお語り継がれています。

このボトルは、グレンタレット蒸留所の代名詞「タウザー」がこの世を去った1987年に蒸留され、2017年にボトリングされた29年の長期熟成原酒。

アンチルフィルタード コレクションとして、冷却濾過を行わずにボトリングされている為、複雑で妖艶。フルーティーな味わいとスパイシーな余韻、長期熟成由来の円熟味。多様なハイランドモルトの愉しみが存分に詰め込まれた希少なシングルモルトをぜひお楽しみください。

 

Menu