大阪は北新地のシガーバー「スーペルノーバ」。最優秀賞受賞Barで熟成シガーとキューバのラム酒やカクテルで優雅なひとときを。

シャトー・ド・ブルイユ No.14(Chateau du Breuil No.14)

Post 4 of 245

昔ながらの伝統製法にこだわり、カルヴァドス(りんごを原料とする蒸留酒)を製造し続けているシャトー・ド・ブルイユ社。

最上級のカルヴァドス産地であるフランスのペイドージュ地区ブルイユ村で、発酵から蒸留・瓶詰めまで一貫して行っています。800種類以上のりんごを原料として使用しており、所有するりんごの木は20000本以上にも上るそうです。

安定した品質の高さは世界的に認められており、日本でも多くの愛好家がおられる人気のカルヴァドスです。

No.14は、最高で45年熟成、平均熟成年数が35年と特別なレシピでブレンドされた数あるシャトー・ド・ブルイユ社のラインナップの中でも最高峰のボトル。

限定生産かつボトリングの際に毎回レシピが変更されるとも言われている希少な1本です。

96県に分けられているフランス本土で14番目であるカルヴァドス地方にちなみNo.14と名付けられました。

熟したりんごのように甘美で妖艶。グラスの中だけではなくこぼれ出るほどの華やかな香りは正に圧巻。特別な日、特別な時間を更に美しく彩ります。ぜひお愉しみください。

Menu